沢尻エリカ【全裸監督2】でS○Xシーン披露?田中露央沙役の最有力候補はNG無しの女優!

芸能

現在薬物所持で話題になっている沢尻エリカさんですが、裁判の判決次第ではさっそくドラマ出演との噂が飛び交っています。
どんなドラマに出演予定なのか調べてみました。

関連記事:森田望智のすごい演技力が話題!?情熱大陸に出演 出身や経歴に迫る!

全裸監督がNetflix作品ランキング1位に?

2019年にNetflixが日本で最も鑑賞された作品ランキング『What’s Hot? 2019』を発表しました。
1位になったのは山田孝之が“アダルトビデオの帝王”と称されたAV監督・村西とおるを演じたドラマシリーズ『全裸監督』でした。
この作品は世界190カ国に配信されて話題になりました。

作品全裸監督のwikiあらすじとは?

 

全裸監督wiki

 

バブル景気にわく1980年代の日本を舞台に、“アダルトビデオの帝王”と称された村西とおるを、本橋信宏「全裸監督 村西とおる伝」(太田出版)を原作。としながら、虚実交えて描いたドラマ作品。制作期間に2年半をかけ、ストーリーとしてはアダルトビデオの誕生と警察との対立。村西の破天荒でエネルギッシュな生きざま、村西の人生を変えることとなる黒木香の立志を描く。

「いまの時代のフィルターを通した80年代」を描くため、それに至るまでの1960年代から1970年代、1980年代の小物はもちろん、歌舞伎町の街ごとセットとして制作。実際にはなかった起伏ある歌舞伎町の街を「当時の新宿のいかがわしさを集約した街」として“再現”した。

脚本は日本でなじみの薄いチームライティングを採用し、原作本をもとに撮るべき各シーンをピックアップ。4人の話し合いによって決まったプロットを、シーンが一番見えている部分を脚本家に割り当てる、登場人物によって担当の脚本家を変えるなど独自の分担手法を行った。分担することで個性やとげがなくなる危険性もあったが、3話のAV撮影シーンを内田が執筆したことで、キャラクターやドラマの全体像が見え、脚本チームのコンセンサスが取れたという。

具体的には山田(能)が伏線回収、仁志がバランス調整、山田(佳)が女性的な目線と隙間の視点を担当した。Netflix側からの世界的を意識した物語、アンダードッグな視点という依頼を生かすために、原作を活かしつつも登場人物や時間軸など大幅に脚色している[7]。内田は「いよいよ来たか。日本のドラマが変わるときが」と全身全霊で取り組み、本作のチームライティングは画期的な手法で書かれたことを強調したいと言っており、この手法で日本の脚本の作り方が変わる原動力になると主張している。それを受けて仁志は、今回のチームライティングの手法がうまくいったかどうかは、世界中の人に観ていただいた上で、判断してもらえればと思います、と答えている。作品の評価が良ければ、今回のチームライティングの手法は成功したことになると示している。

総監督である武正晴はシナリオや構想がある程度進んでからの参加となった。複数話担当、加えて重要な回の担当に決まり、それならトータルで見たいと総監督の役職になった。武は元アダルトビデオ店員でリアルタイムで黒木香のいた時代を体感。また黒木が出ていた『朝まで生テレビ!』に観客として訪れたことがあり、スタッフの中で数少ない黒木香を直接見た人物である。オンとオフを見た印象は脚本チームにも話し、演出に反映している。

引用:Wikipedia




 

全裸監督のあらすじ

会社は倒産、妻に浮気され絶望のどん底にいた村西(山田孝之)はアダルトビデオに勝機を見出し仲間のトシ(満島真之介)、川田(玉山鉄二)らとともに殴り込む。一躍業界の風雲児となるが、商売敵の妨害で絶体絶命の窮地に立たされる村西たち。そこへ。厳格な母の元で本来の自分を押し込めていた女子大生の恵美(森田望智)が現れる。ふたりの運命的な出会いは、社会の常識を根底からひっくり返していくのだった―。

 

全裸監督2の予告YouTube

引用:https://www.youtube.com/watch?v=nwQuK8XKlIE

沢尻エリカが全裸監督2の田中役の有力候補?

引用:https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/celebrity/

村西監督を“パンツ一丁”で演じた主演の山田や、黒木香役の森田望智が振り切った演技を見せて、話題となりあっという間に続編制作が決定しました。
続編の内容については、山田が飛行機に乗り込み遥か上空へ向かうメイキング映像が解禁されています。
そして現在外資系の制作会社がキャストの募集を開始しました。
その理由は村西監督が率いたダイヤモンド映像の専属女優『田中露央沙』役を探す為です。
美貌は元より肉感的な肢体と巨乳、そして激しいカラミで人気を博した田中ですが、彼女を演じるには『全裸でのセックスシーンができるNGなしの女優』が必要とのこと。
その田中役に薬物事件を起こした沢尻エリカが候補に挙がっているというのです。
現在、治療のため入院中の沢尻ですが、1月30日の初公判で即日結審となれば可能性は十分あります。
また沢尻エリカはヘルタースケルターでもSEXシーンを撮っています。
Netflixの制作費は潤沢で高額ギャラを用意できるため、賠償金問題を抱える沢尻エリカ側としても良い話ということは間違いないでしょう。

田中 露央沙とは?wikiプロフィールを調査

プロフィール

名前:田中 露央沙(たなかろおさ)
生年月日:1969年7月7日(現在50歳)
出身地:東京都
血液型:O型
身長 :161 cm
ブラのサイズ:G(70)
活躍:アダルトビデオ
1988年 – 1992年

経歴

1988年に「岡崎美央」の芸名でAVデビュー。
その後「多岐川梨沙」の名前でも活動していました。
そしてAV監督・村西とおるが率いたダイヤモンド映像の専属女優「田中露央沙」となります。

美貌は元より肉感的な肢体と巨乳、そして激しいカラミで人気を博し、同社を代表するAV女優の一人となり多数の作品に出演しました。

その後ダイヤモンド映像倒産に巻き込まれる形で引退しています。


関連記事:森田望智のすごい演技力が話題!?情熱大陸に出演 出身や経歴に迫る!

まとめ

何かと話題の的になっている沢尻エリカさんですが、演技も上手く、とても美人ですよね。
このまま芸能界を引退してしまうのはもったいない気もしますが、この世の中一度不祥事を起こすとなかなか戻れないのが現実ですよね。
今後まだどうなるかわかりませんが、活躍出来ることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました