滝沢カレンの実家が金持ちなのは経営者の母のおかげ?家庭環境や経歴、学歴を調査

カフェ

モデルでハーフタレントの滝沢カレンさん。
現在はヘンテコな日本語や天然キャラで人気爆発中ですね。
そんなカレンさんの経歴や学歴から家族構成や家庭環境までを調べてみました。

 

滝沢カレンのプロフィール

引用:https://resumedia.jp/1525.html

まずは簡単に滝沢カレンさんのプロフィールをご紹介します。

名前:滝沢 カレン(たきざわ かれん)
生年月日:1992年5月13日
出身地:東京都
身長:172cm
血液型:AB型
職業:ファッションモデル、タレント
所属:スターダストプロモーション

とても明るく天真爛漫な性格が魅力的な滝沢カレンさん。

独特な日本語に綺麗な顔立ちとスラっとしたスタイル、長い手足からもわかるように、お父さんがウクライナ人、お母さんが日本人というハーフです。

 

滝沢カレンの経歴

 

滝沢カレンさんは、幼い頃からファッションに興味がありファッションモデルを志していたようで、渋谷でスカウトされて現在の事務所に所属し、モデルとなりました
2008年に雑誌『Seventeen』のモデルオーディション「ミスセブンティーン2008」でグランプリに選ばれ、同年より専属モデルとして活動を始めました。

2009年公開の映画『ROOKIES-卒業-』に購買部マドンナ役で出演し女優としてもデビューを果たしました。
2011年3月、高校卒業と同時に『Seventeen』を卒業し、2011年4月より、『JJ』の専属モデルとして活躍していました。

2015年6月2日放送の踊る!さんま御殿に初登場ながら「踊る! ヒット賞」を獲得しました。
以降、タレントとして各種バラエティ番組で出演するようになり、その独特な言語感覚が「じわじわくる」「クセになる」など視聴者からの反響を呼び、「生まれも育ちも日本なのに日本語が苦手」というキャラクターを特徴に注目を集める存在となりました。

2016年7月23日発売の『JJ』9月号で初の表紙を飾っています。

2019年7月23日、『JJ』 専属モデルを卒業することを発表。

2019年10月スタートの『G線上のあなたと私』(TBS)で連続ドラマ初レギュラー出演しました。

滝沢カレンの学歴

出身中学は日出中学校
出身高校は日出高校の芸能コース
大学は進学していません。

滝沢カレンさんは高校からモデルとしての活動に力を入れたかったため、芸能活動ができるようにと芸能コースに進学しました。
高校では軽音部に入部しベースを担当していたり、彼氏がいたりと、ごく普通の女子高生生活を過ごしていたようです。
高校卒業後は芸能活動に専念するため大学には進学しませんでした


 

滝沢カレンの家族構成

 

滝沢カレンさんは祖父母と母と4人で暮らしていました。両親はカレンさんが母のお腹にまだいる頃に離婚されています。
母親の妊娠中に父親が不倫をしたことが離婚原因で
父親はウクライナへ帰国しています。カレンさんは一度も父親と会った事はありません。

 

滝沢カレンの父親

 

滝沢カレンさんは、これまでに父親に一度も会ったことがなく、これからも一生会うことはないと語っています。
父親の情報としてはウクライナ人と言う情報しかわかりませんでした。
ちなみに、滝沢カレンさんの父親の国籍であるウクライナは、かつてソビエト連邦を構成する一国で、滝沢カレンさんの母親はそのソビエト連邦に留学していた経験を持っていることから、そこで出会ったのではないかと言われています。
滝沢カレンさんは父親の母国語でもあるロシア語を習っていないそうなので、ロシア語を話すことはできないようです。

 

滝沢カレンの兄弟

 

滝沢カレンさんには兄弟はいないようです。
滝沢カレンを妊娠中に両親は離婚をしており、その後は母親と母方の祖父母に育てられました。
離婚後、父親が再婚している場合はもしかすると異母兄弟はいるかもしれませんね。

 

滝沢カレンの母親

引用:https://mappi-room.info/archives/894

一般人の為詳しい情報は少ないですが簡単にプロフィールをご紹介します。

名前:宮沢さゆり
出身:埼玉県
出身高校:埼玉県立志木高等学校
最終学歴:日ソ学院
血液型:AB型
職業:元ロシア語の通訳者

苗字が違うと思われた方もいるとおもいますが、滝沢カレンさんの本名は宮沢カレンさんです。
カレンさんの母親はとても行動力がある方で、すごい経歴を持っていましたのでご紹介します。

 

バレエが好きすぎてコッソリ習っていた?

 

カレンさんの母親は幼い頃からバレエに興味を持っていましたが親にやらせてもらえず、自分でお小遣いを貯めて近所のバレエ教室に通っていました。
その後、ボリショイバレエの「ロミオとジュリエット」を観て感動し、ロシア語の勉強を独学で始めました。

 

自分で留学費用貯めロシアへ?

 

バレエをもっと知りたいという思いから、ロシア語を勉強し始め、高校卒業をしたある日いきなり「明日からソビエトに留学してくる!」と言ったそうです。
またまた両親に内緒で留学費用をため、ロシアに留学しています。

留学から帰国後の初仕事がロシアのバレエレッスンの通訳の仕事でした。

その後、そのロシア人の先生に密着して「ロシアバレエレッスン」という本を出版。

 

滝沢カレンの母は経営者?

 

更には、宮沢さゆりさんの父親(カレンさんの祖父)が表参道で経営していた建築事務所が閉鎖したのを機に、そのスペースにバレエスタジオの「リビーナ」をオープンさせていまします。

バレエスタジオ「リビーナ(RYABINA)」は港区北青山の東京メトロ表参道駅の直ぐ近くにあります。

ロシア人講師による本格的なワガノワメソッドレッスンが受けられるロシアスタイルのオープンクラスバレエスタジオです。

このように宮沢さゆりさんの経歴を見てみると、本当にパワフルで行動力に溢れた女性だと言うことがわかりますね。

 

滝沢カレンの母親はすでに他界していた?

 

調べたところ滝沢カレンさんの母親宮沢さゆりさんは、2018年7月に亡くなっていたことが分かりました。
享年56歳という若さでした。
死因はガンということですが、それ以上の情報はありませんでした

体の不調があったにもかかわらず、大の病院嫌いだった宮沢さゆりさんは、滝沢カレンさんが病院へ行くことを進めても頑なに行こうとはしなかったそうです。
滝沢カレンさんが末期のガンだと知ったのは、亡くなる1年前のことだったと言います。
滝沢カレンさんの悲しい気持ちは計り知れませんね。
カレンさんは、所属する事務所にも母親が亡くなったことを一部の人にしか言っていなかったそうです。

いつも元気で明るいイメージを壊したくないと思ったのかもしれませんね。

母親の葬儀では喪主を努め、「またママの子で産まれてきたい」と語っていたと言います。
親子の深い絆を感じますね。

 

滝沢カレンの実家はお金持ち?

 

現在滝沢さん一家は渋谷区で暮らしていることや、カレンさんの祖父が表参道で建築事務所を経営していたことなどを考えると、カレンさん一家はセレブなご家庭であることが予想できますね。




まとめ

 

滝沢カレンさんの母親はとてもユニークで行動力がある女性だったようですね。
カレンさんもそんな母親に育てられたおかげで型にハマらない天真爛漫な明るい人柄になったのでしょうか。
実家はお金持ちだったようですが、今は芸能人として人気がある滝沢カレンさんが1番稼いでいる事でしょう。
これからもご活躍を期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました