出産準備品は代用出来る!助産師が教える賢く節約してお金を貯める方法

出産

妊娠をして幸せな気持ちになりますよね。
しかし現実は新しい命が誕生するので、もちろんお金も必要になってきます。かかりつけの産婦人科の受診料や子供服、出産準備品などなど。
なので、この記事では代用出来るものは代用して、賢く必要なものにお金を使ってもらえるように私の体験も含めて書いています。

あわせて読みたい:妊婦必須!胎教いつから?おすすめの方法とは?助産師が徹底解説

授乳服はいる?それともいらない?実際産んでみて分かった事

産後バストキープの方法を知ってキレイなバストを維持しよう!

 

職業柄一通り出産準備品の説明はします。しかし、これはそんなに必要ではないのでは?と思うのもいくつかあります。そして、自分自身3回の出産を経験して代用出来るものがわかってきましたので、ご紹介したいと思います。

出産準備品代用品

 

ママ編

 

・妊婦服
・マタニティーレギンス
・授乳ブラ
・授乳枕
・授乳服
・授乳ケープ
・授乳ストラップ

ベビー編

・沐浴ガーゼ
・おしりふき
・紙おむつ
・ベビーバス
・湯温計
・おくるみ

どうやって代用したの?

 

ママ編

妊婦服

 

ワンピースであればお腹が大きくなっても大丈夫なように、ワンサイズ大きいサイズの物を購入して、出産後も普段着に着れる物を選びました。
妊娠中期頃まではそんなにお腹は目立たないので今持っている服で代用しました。しかし、ジーパンなどはボタンが詰められなくなってくるので開けっ放しにして大きめの上着で隠すようにしていました。

マタニティーレギンス

初産婦の頃産後も使えるだろうと思い一枚購入しましたが、出産後お腹周りがガボガボになり着れませんでした。もう一つはユニクロのサイズは通常着てるサイズのレギンスを購入していたので今でも愛用しています。

授乳ブラ

こちらも一枚はベルメゾンの瞬間授乳のブラを購入していました。もう一つはユニクロのV字型のキャミソールです。パットが柔らかく授乳時下におろす作業は苦になりませんでした。でも思いのほかおっぱいが大きくなりすぎたので、パンパンになってしまったので、ワンサイズ大きめを購入する事をオススメします。こちらは今でも着心地がいいので愛用しています。

授乳枕

赤ちゃんは首が座るまで不安定なので、あったら何かと助かりますが、なくてもクッションや枕で代用できます。授乳枕だけだと高さが十分でないものが多いので結局授乳枕の下にクッションなどをいれて調整します。

授乳服

こちらもあったら重宝しますが、代用出来ます。
V字型のキャミソールに上着または、ボタン付の上着やワンピースで授乳時ボタンを3.4個外して飲ませることができます。

授乳ケープ

大きめのストールで十分カバー出来ます。その他赤ちゃん用と兼用にフェイスタオルを一つバックに入れておくととっさの時にも代用品になりますよ。

授乳ストラップ

100均にあるヘアゴムを60cm程の長さにして首から掛けて上着の下を通し再び自分の首にかけると上着が持ち上がった状態が完成します。
その他にはシュシュで上着を結んだり、ヘアピンでとめたりして代用出来ます。

赤ちゃん編

 

沐浴ガーゼ

わざわざ沐浴用のガーゼを購入しなくてもガーゼハンカチやコットンハンカチで代用出来ます。
でもそれも赤ちゃんがまだ小さい生後1〜2ヶ月くらいまでなので、購入するのもなと思われる方はタオルハンカチで十分代用出来ます。

おしりふり

100均にあるたこ焼きソース用のチューブにお湯いれて洗い流しテッシュで拭き取っていました。
その他着なくなった洋服や布切れをおしりふきサイズに切り100均で買ったタッパーに水で湿らせた布をいれてつかっていました。当時お金がなかった私はどうにかして節約したくて色々調べて実践した結果この方法が一番良かったです。その結果お尻かぶれはほとんどなかったです。おしりふきはどうしても薬品が入っているので逆に被れやすかったりします。一石二鳥でした。

紙おむつ

生後間もない間は1日10回以上おむつを交換しなくてはなりません。新生児のオムツは一枚10円台ですが、ちりも積もれば山とやる。なので思い切って布オムツにしました。赤ちゃんにも環境にもお財布にも優しいですよ。だいたい20枚くらいあると足ります。

ベビーバス

いづれ子供の収納棚になると思い購入して、収納棚の一つをベビーバス用に代用しました。
その他赤ちゃんを一番風呂に入れて温もったらお風呂の洗い場の方で身体を洗っていました。
生後1ヶ月はベビーバスでと言われますが、そもそも昔はそのようなものはありませんでしたし、赤ちゃんの誕生から成長は昔と変わらないです。商品だけが進化して快適になっていますので必要なものを見極めてください。

湯温計

だいたいのところでは湯沸器がついていて温度がわかりますよね。それを一度38.39℃に設定して実際に自分の肘を湯につけて体感してください。それを何度かすると感覚的に身に付きます。ついていない方は一度は体感した方がいいので知り合いの方とかにおかりしてインプットしておいた方がいいです。本当に最初しか使わないので買うのはもったいないと思います。

おくるみ

これも退院時くらいしか使用しないのでは?と思うほど使いません。なのでおくるみ単独のものではなく授乳ケープ兼用なものや、可愛いバスタオル、大きめのバスタオルで十分です。
おくるみはその時だけしか使用しませんが、上記のものは今後も使い道があります。




まとめ

初めての出産は気合いも十分、不安もいっぱいで色々と買い揃えてしまうことが多いと思いますが、一度立ち止まってこれ以外にも代用出来るものはないかなと考えて賢くお金を使えたらいいですね。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

  1. […] あわせて読みたい:出産準備品は代用出来る!助産師が教える賢く節約してお金を貯める方法 […]

  2. […] あわせて読みたい:出産準備品は代用出来る!助産師が教える賢く節約してお金を貯める方法 […]

タイトルとURLをコピーしました