高校.大学卒業旅行(2020年)で外せない国内ランキングベスト5!賢く予算内に抑える方法とは?

旅行

学生生活最後の思い出作りといえば卒業旅行ですね。
海外旅行もいいですが、今まで学生生活をしていた人にとってはやはり予算が気になるのではないでしょうか。
また、親御さん達を説得する事も難しい家庭もあるでしょう。
なので私は、国内旅行をおすすめします。
なぜなら日本は海外に比べると安全で安いからです。
今回は国内の人気旅行先ベスト5と予算内に抑える方法をご紹介したいと思います。

国内旅行ランキングベスト5

第1位 沖縄

堂々の1位ですね。
海外には手が届かないけど、リゾート気分は味わいたいという方にはピッタリですよ。
本島だと代表的なところは

美ら海水族館

公式サイトはこちらからどうぞ

沖縄で「行きたいスポットNo.1」とも言われています。
館内で一番の見どころは「黒潮の海」。
世界最大級の水槽に、約70種の生き物がいます。
ただ、沖縄美ら海水族館は、前述のとおり北部エリアにありますので、計画的に行動して有意義な旅にしてほしいです。
レンタカーもいいですが、「やんばる急行バス」などのバスツアーを予約すると、市内から水族館までノンストップで行くことができますので、うまく利用しましょう。

美浜アメリカンビレッジ

公式サイトはこちらからどうぞ

中部エリアにあるリゾートタウンで、東京ドーム約5個分の敷地内に雑貨店や飲食店、映画館やショッピングセンターが集結しています。
天候に関係なく1日中楽しく遊べますよ。
敷地内は、アメリカンなお店や雑貨が多く並びインスタ映え間違いなしです。
アメリカンビレッジ内にはサンセットビーチもあり、オフシーズンに泳ぐのは厳しいですが、地元在住外国人がたくさん集まりますので、異空間を味わえます。
また、夕陽スポットとしても有名です。

国際通り



那覇市内は沖縄観光の定番ですね。
なんでも揃っているので、お土産はここで買うのが1番です。

ホエールウォッチング

ホエールウォッチングは、沖縄の冬の風物詩ともいわれていて特に1月上旬~4月上旬まではクジラがたくさん見られますよ。
マリンショップでツアーを組んでいます。

青の洞窟

青の洞窟は、本島中部エリアにある人気のマリンスポットで、海の中にある洞窟です。
冬のオフシーズンでも、冬用のウェットスーツを着用すれば問題ありません。

第2位 北海道

こちらも根強い人気です。
グルメスポットや観光名所が多いため毎年観光客で賑わっています

函館山の展望台

定番中の定番ですね。
100万ドルの夜景と呼ばれる価値がきっと体感できるはずです。

旭山動物園

公式サイトはこちらからどうぞ

動物好きなら一度は足を運んでおきたい必見スポットですね。ここにしかいない動物達もいっぱいいますので魅力的ですよ。

青い池

美しい冬景色を見ることができると人気の北海道の観光名所です。
冬の期間中は夜間ライトアップも行われており、幻想的な世界が辺り一面に広がります。

金森赤レンガ倉庫


異国情緒あふれる景色で幻想的です。

北海道は広いので、しっかり計画を立ててから行かれることをおすすめします。

第3位 千葉県(東京ディズニーランド)

公式サイトはこちらからどうぞ

地方に住んでいる方は憧れの土地ですね。
一度入ってみたいところではないでしょうか。
でも一度行っただけではものたりませんよね。
また、友達と卒業旅行で行くからこそ味わえることもありますよ。


第4位 大阪(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)

公式サイトはこちらからどうぞ

千葉といえばディズニー、大阪といえばユニバですね。
ハリーポッターエリアが出来て以降来場者数が一気に増加した日本を代表する人気テーマパークになりましたね。
バタービールを飲んで映画の主人公の気分を味わってみてはいかがですか?

第5位 福岡県

東京~福岡間は意外と安い航空券もあるので、お金のない学生にとっては穴場な卒業旅行先ですよ。
食費が東京ほどかからないのに、美味しいのが人気のようです。
夜の屋台巡りは絶対にやってほしいですね。
食の宝庫としてはもう文句ないですね。
観光地としては最近「糸島」が人気です。

予算内に抑える節約ポイントとは!

 

レンタサイクルを活用する

行きたい観光地同士が離れている場合、旅行先にもよりますが、駅前で借りられることが多いため、事前にチェックをして予約を取っておくと安心ですよ。

学生証を活用する

学生旅行の一番の強みは「学生割引き」です。
観光スポットによっては、学生証を提示することで割引になるところが多くあります。
持っておいて損はないでしょう。

学生限定ツアーを利用する

旅行会社ではよく学生限定ツアーを組むことがありますので、時々チェックしておくといいでしょう。

早期購入割引を利用する

予算のうち、多くが「宿泊費」と「移動費」だと言われています。
なのでこれらを抑えると旅行の費用を節約することができます。


まとめ

卒業旅行の予算と言っても考えるべきポイントは多く、選び方でかかるお金は大きく変わってきます。まずはどんな旅にしたいのかイメージをしながら、何を重視するのかを考えてみると良いでしょう

納得し、後悔のないような卒業旅行になるようにしっかり計画していきましょう。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました