入園式の母親の服装や靴とバックの賢い選び方は?浮かないためのマナーをチェック!

カフェ

入園(入学)おめでとうございます。
3、4月は何かと忙しい時期ですので早めの行動や準備をしておくと気持ち的にも少し余裕ができますよね。
入園(入学)のメインはお子さんですが、必ず先生方や他の保護者はお母様の服装を結構見られます。
こちらでは、保護者として浮かないための服装、靴やバックの選び方やマナーを紹介していきたいと思います。

母親の入園式(入学)の服装マナーとワンポイントアドバイスとは

入園式はお子さんの成長を祝う記念の式ですね。
なので普段着よりワンランク上の服装で参列するのが普通です。
しかし入園式(入学)の主役はあくまでもお子さんですので母親だけが目立ってしまうことが無いよう控えめなフォーマル感を心掛けましょう。
また、両親が出席する場合には、どちらかだけが派手にならないようの服装の格のバランスが大切です。
基本式に参列する父親の服装はスーツが大半ですが、基本から言えば男性が洋服なら女性も洋服となります。
スカートであればひざ丈を選び、ヌードカラーのストッキングをはきます。
基本的には黒や柄物のタイツはNGです。

最近ではパンツスタイルも多いですが、どうしても堅い印象になってしまうので、「お仕事感」が出ないように工夫するようにしましょう。

入園式(入学)はおめでたい式なので、淡いイエローやピンク、明るいブルーなどのパステルカラーや白など全体的に明るいものを選ぶのが一般的です。
卒園式(卒業)は「お別れ」でもあるので暗めのダークカラーを選ぶのが風潮のようです。

会場ではコート類は脱ぐのがマナーですので、体育館など冷える所ではカイロやインナーなどで防寒対策をしてください。

入園式の場合、小さいお子さんがいるご家庭も多いため、保護者の服装に関して「入学式ほどはフォーマル感はなくても大丈夫」というケースもあるようです。
むしろ小さなお子さんを同伴するお母さんの場合には、動きやすい服装の方が望ましいですね。

初めて出席する場合は何かと不安も多いと思います。
可能であれば入園式(入学)を経験された母親達にアドバイスをもらったりするのも良いと思います。

種類別母親の服装おすすめベスト3とは?

入学式(入園式)での「母親の服装グラフ2017おしゃれコンシャス調べ」によると入学式(入園式)での母親の服装は、スーツが57%、ワンピース31%、着物10%、その他2%と圧倒的にスーツが多い結果でした。
昔は、入学式で着物を着て出席する方が多く見られましたが、最近はやはり洋服が圧倒的に多いです。
また、フォーマルスーツや、ワンピース+ジャケットの組み合わせの華やかでフェミニンな雰囲気が主流となってきています。
それぞれおすすめ、人気があるものをご紹介していきたいと思います。

スーツ

スーツは組み合わせしだいでガラリとイメージが変わるので着まわし力が高いです。
最近はママ向けのスカートにダークカラーと明るいカラーのジャケットがセットになった「3点セット」などが人気です。

また、ジャケットやインナーで温度調節がしやすいのでいいですね。

しかしベーシックなセレモニースーツだと、人とかぶりやすいです。

浮かないという点では良いですが、子供の目から探しにくかったりもしますね。

オススメ1

 

圧倒的な人気で評価も良く、値段もお手頃で入学式や卒業式など着回しが出来ます。

最近はパンツスタイルのママも多いですがまだまだスカートが大半を占めていますので、一着持っていれば間違いないですね。

オススメ2

 

もう少し華やかにしたい方はこちらもおすすめです。

楽天ランキング1位に輝いたこともある商品です。

オススメ3

 

やっぱりパンツスタイルでかっこよくスタイリッシュに決めたい方や、下に小さい子供さんがいらっしゃる方は動きやすいパンツがいいですよね。

こちらは急上昇中で、すべての場所で着回しがききますよ。

 

 

上記のパンツスーツと同じところからの商品でコスパもいいです。

初めてでどのようなものか試したい方はこちらから購入されてみるのもいいかもしれませんね。

ランキング1位獲得しているので、間違いないですね。



ワンピース

ワンピースはスーツほどかしこまらず、気軽に着られるため人気があります。

また、プレママ(妊婦さん)の場合もワンピースならしめつけがなく安心です。

ワンピースはひざ丈にヌードカラーのストッキングを合わせるのがキホンです。

黒はセレモニーワンピースとして一般的ですが、入園&入学式の場合は暗い印象になってしまうこともあるので要注意です。

コサージュやボレロなどをうまく合わせて、式典にふさわしい着こなしを意識しましょう。

オススメ1

 

ワンピース部門では一番人気の商品で、今フェミニン系の服装が人気のためシックなドット柄になっています。

オススメ2

 

可愛い系が苦手な方にはこちらがおすすめです。楽天ランキング1位にも一度輝いています。

私個人的にはこちらの商品の方が好みですが、人それぞれですね。

オススメ3

 

もう少し明るめで、スマートに着こなしたい方にはこちらも人気商品です。

第一印象も良く、顔も晴れるという口コミが多いです。

着物

着物はまず人とかぶらず、ちょっとちがうなと一目置かれます。

入園&入学式には訪問着を選ぶのが一般的です。その他に付け下げ、色無地などでもいいでしょう。

色無地を着るときはバッグや帯などの小物で華やかさを演出するといいでしょう。

着物の色はブルーや控えめなイエロー、紫などが年齢を選ばないのでオススメです。

着物は手持ちのものや、レンタルがほとんどですね。

 

パッと見るとヒールのあるパンプスが品もあり綺麗に見えますが、学校や園ではヒールタイプで歩きにくい場合もあるのでピンヒールではなく、チャンキーヒールのように安定感があるタイプがおすすめです。
サンダルやオープントゥ(つま先が出ているデザイン)、アニマル柄などはフォーマルファッションにはあまりふさわしくありませんので控えた方がいいですね。

バッグ

バッグは靴と同色にするとコーディネイトには失敗しませんよ。
また、バッグと靴を別色にする場合には、靴を服の色に合わせた配色にすると良いでしょう。

バッグは、小ぶりの方が上品なのですが、当日幼稚園からいろいろなものが渡されるのでハンドバッグやショルダーバッグとは別に、トートバッグや、折エコバッグや紙袋などを持参しておくと便利です。

上品でフォーマル感のあるバッグを選びましょう。

ブラックフォーマルバッグは失敗はしないのですが、少し堅苦しい、お祝いごとなのでもう少し華やかにしたいという方は、結婚式に出席するときくらいのフォーマルバッグやクラッチバッグを選びましょう。


まとめ

入学式・入園式での母親の服装、靴やバッグ選び、参考になりましたでしょうか?
ぜひ晴れの日にお洒落を楽しんで、素敵な思い出の時間になるようお過ごしください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました