妊娠中の便秘薬が効かないと思ったら確認して!妊婦の便秘になる理由

妊娠期

妊娠中は急激にホルモンが変化する為体がなかなかついていきませんよね。
妊婦さんで多い悩みは腰痛、便秘、頭痛などです。
今回は便秘にスポットを当てて説明していきたいと思います。

 

便秘になる理由とは?

 

妊娠すると妊婦の6割以上が便秘になりやすいと言われています。
原因としては、妊娠中に増えるホルモンの一種であるプロゲステロンの影響で腸の動きが弱まって便を押し出すことができなくなるからです。

また、赤ちゃんが入っている子宮が大きくなるにつれて、裏側にある腸が圧迫され便が腸を通りにくくなってしまうからです。

 

便秘の治療法とは?

 

便秘を放置してしまうと直腸に便が溜まり、血管を圧迫してしまうなど、別の症状を誘発する可能性があります。
また妊婦さんではお腹の張りに繋がります。
なので速やかになんらかの治療を行う必要があります。

治療法としては、生活習慣の改善や食事療法、ストレスを軽減するなどが有効です。
それでも便秘が改善されない場合には、便秘薬による薬物療法を行います。
妊娠中でも使える便秘薬はいくつかありますが、種類によっては胎児に悪影響を及ぼすものもあるので、自己判断で使用せず、まずは産婦人科医に相談しましょう。

 

生活習慣の見直し

 

妊娠中は情緒が不安定になりますく、さまざまな理由からストレスを感じる妊婦は多いです。
しかし、ストレスを溜めてしまうと自律神経が乱れてしまい、腸の動きが鈍くなり便秘に発展してしまいます。
そこで、毎日簡単にできる方法を紹介します。

 

入浴

 

シャワーで済ませるのではなく、浴槽にお湯をためてじっくり浸かりましょう。
体が冷えていると腸の動きが鈍くなるので、お湯に浸かって体を温め、腸の動きを活発にさせてください。

 

睡眠

 

腸の動きと深く関係している副交感神経は、体がリラックスしている時に働きます。
副交感神経は夜22時~深夜2時の間に最も活性化するので、早めに就寝して腸の動きを手助けしてあげましょう。

 

水分補給と食事

 

産後、特に授乳中の女性は、1日600mlから800mlの水分が母乳として排出されます。
そのため、体内の水分量が減ってしまい水分不足になってしまう人が多いです。
成人男女が1日に摂取する水分量は1.5L~2L程度と推奨されています。
授乳中の女性の場合は、母乳分を考慮した3L~4L程度の水分を取ることが望ましいです。

食事は食物繊維の多い食材を意識して摂取することです。
中でも妊娠中にオススメなものは、わかめや昆布などの海藻類やこんにゃくは便秘解消にも効果があります。
食物繊維はもちろん、ビタミンやミネラルも豊富な栄養価の高い食材なので積極的に摂取しましょう。

 

ストレスの軽減

 

妊娠中はホルモンバランスが急激に変化します。産後は赤ちゃんの夜泣きや夜中の授乳による寝不足など、妊娠中や授乳中にはストレスの原因がたくさん潜んでいます。
ストレスは蓄積すると便秘を引き起こす原因にもなってしまうので、なるべくストレスを溜めないように意識することが大切です。

配偶者に気持ちを吐露したり、美味しいものを食べたり、ショッピングを楽しんだりと、自身のストレス解消法を試してみましょう。

それでも改善しない場合には、1日20分の散歩を毎日続ける、軽い運動もオススメです。
歩くことで気持ちを落ち着かせるドーパミンなどのホルモンが分泌されるので、イライラとした気分も少し解消されるでしょう。

妊娠中や産後の女性には激しい運動は禁物ですが、運動によって腸を動かすことは便秘解消にも効果があります。

安産だった方は毎日散歩をしていたという方が多いですので、この機会に習慣にしてみるのもいいですね。

 

便秘のお薬

 

生活習慣の見直しや食事、運動療法でも便秘が解消されない場合に下剤を服用します。

 

緩下剤

マグラックス錠、マグミット錠(酸化マグネシウム)

便中の水分を増やすことで便を軟らかくし、便通を促します。 習慣性が少ない為、長期的な内服も可能です。
消化管から吸収されず、腸管内でのみ効果を示すため、 赤ちゃんへの影響は無いとされています。

 

大腸刺激性下剤

アローゼン、センノサイド、プルゼニド(センノサイド)

大腸を刺激して腸の動きを活発にして排便を促します。 効果が得られやすい反面、習慣性があるため長期間の服用には向かな いお薬です。

医療機関では酸化マグネシウムなどの作用がやさしいものから処方される事が多いです。

理由は酸化マグネシウムは体内にほとんど吸収されず、効き目が穏やかでクセになりにくく、長期での服用が可能という特徴があるためです。

妊婦が下剤を大量に服用すると、子宮の収縮を誘発する恐れがあるので、自己判断はせずに用量には気をつけてくださいね。

通常の使用量であれば安全です。

酸化マグネシウムなどで効果がみられない場合には、プルゼニドやラキソベロンといった、さらに強力な刺激性下剤を用います。

しかし、これらの下剤は作用が強いです。強力である反面、クセになりやすく、大量に服用することで子宮の収縮を誘発する危険性があるのでこちらも用量を守ってくださいね。




まとめ

簡単に言うと

酸化マグネシウム=便を柔らかくする作用
ラキソベロン=便を外に押し出す作用

妊婦の場合は
押し出す力が弱まっているので、どちらかと言うと後者のプルゼニドやラキソベロンの方が適しています。

体の急激な変化で心も体もなにかと大変ではありますが、ゆったりとした気持ちで、今しかないマタニティーライフを楽しめるといいですね。

ここまで読んでいただきありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました