長瀬智也と桐谷健太はドラマ共演から仲良しだった!?バンド結成で音楽活動を再開?!

芸能

長瀬智也さんと桐谷健太さんはどのよううにしてバンド結成にいたったのか、長瀬智也さんの歌声をきける日がくるのだろうか?
長瀬智也さんの歌声が好きな人は多いではないでしょうか。
気になったので詳しく調べてみました。

長瀬智也と桐谷健太が仲良しになったきっかけは?

2005年に放送されたドラマ『タイガー&ドラゴン』で共演し、意気投合しました。その後お互いの自宅を行き来するようになり親交を深められました。
また、2016年映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』でも鬼のロックバンド・地獄図のメンバーとして再共演をはたしました。
ミュージックステーションなどにも鬼のメークで登場した長瀬智也さんは「地獄から日帰りでやってきた!」と会場をあおり、熱唱されています。
桐谷健太さんもプロ顔負けのドラムプレーを披露しました。
会場では「映画限定のバンドにしておくのはもったいない!」と惜しむ声も上がっていたといいます。
なので、最初の共演から考えると長瀬智也さんと桐谷健太さんは15年来の親友となります。
音楽が好きという共通点もありますが、ここまでつづくのは、よっぽど相性が良いのでしょうね。

長瀬智也が桐谷健太とバンド結成して音楽活動再開?

噂によると最近は2人でギターを片手に、音楽制作にのめり込んでいるそうです。
長瀬智也さんは、桐谷健太さんの音楽センスやボーカルスキルを高く評価しています。
桐谷健太さんといえば家は音楽一家だったといいます。
家族みんながギターが弾けるのは当たり前という環境で育ちました
なので歌、ドラム、ラップ等が得意のようです。
高校時代は音楽部に所属していました。
そこでギターにドラムと、何でもこなしていたそうです。
歌手としては2015年に『海の声』でデビューし大ヒットしています。
俳優だけでなくミュージシャンとしても一流ですね。
長瀬智也さんはそんな彼と会う度に音楽の話をして、音楽へのモチベーションを保つことができているようです。
桐谷健太さんも「長瀬くんとバンド作ろうかな!」と周囲に話しているそうです。
お互い本業がありますので、あくまで趣味のバンドになりますが、クオリティーの高さによってはデビューも十分にありえますね。
長瀬智也さんは1994年にTOKIOのメンバーとしてデビューされました。
昨年5月に山口達也さんが不祥事を起こしグループを脱退後TOKIOは音楽活動を休止した状態となっています。
デビューから24年間続いていた紅白歌合戦への出場も、昨年からリストに名前はありませんでした。
しかし長瀬智也さんはデビュー25周年のために楽曲を制作し、ひそかに温めていたそうです。
音楽への情熱は人一倍強いですね。
そんな長瀬智也さんの「もう一度、音楽活動したい!」という思いを、桐谷健太さんは受け止めているようです。


まとめ

紅白でTOKIOの歌がきけないのは不思議な感じもあり、とても残念ですね。
この2人の友情が、バンド結成というかたちで世に出る日がくることを期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました