出産体験2人目!痛みに弱い私が出産したエピソード(助産師解説付き)

一人目の出産から丸二年が経ちました。
前回の出産の痛みがどんなものだったかは忘れていましたが、すごく痛くて呼吸が上手く出来なかったことは覚えていました。
なので今回はそうならない為に努力したつもりでしたが、結果吸引分娩となりました。
この記事が何かのお役に立てればと思い残したいと思います。

1.妊娠中~陣痛始まり

つわり~食欲増進で体重+16㎏

一人目の時もつわりはありましたが15週くらいでおさまりました。今回は半年ほど続いたせいもあり、反動がすごかったです。又、油もの、肉しか食べれずみるみる太っていきました。

つわりの有無は人それぞれですがだいたい早い方で4週から始まりピークは9~11週、胎盤ができる16週ころまでには治まることが多いです。基本この時期は水分が摂取できていれば今あるママの体の栄養だけで充分足ります。しかし水分も取れなくなってしまった場合は点滴などの処置が必要な場合もあります。

妊婦はBMIの数値で体重増加量が決まります。私の場合はBMI20で標準のところですがすでに35週頃にはオーバーしていました。

体重増加によるリスクは色々とありますが主に妊娠高血圧、妊娠糖尿病など合併しやすいです。そのほか巨大児、微弱陣痛・膣周りに余分なお肉がつくことによる難産のリスク等

37週からダイエット開始

もっと早くから気を付けたら良かったのですが、食欲がおさまらず…。

ダイエットもしてはいけないと思い込んでいましたが、色々と検索していると妊娠中でも始められるダイエット食品をみつけました。
今回ベルタ酵素を使用しました。
Hb9.5と貧血にもなっていたので、豊潤サジーも試しにのみました。
運動では朝夕30分程度の散歩、マタニティーヨガ、スイミングなんかもやってみました。そして臨月まで体重は減りはしませんでしたが、ずっと37週の体重をキープ出来ました。

妊婦さんは急激なダイエットは赤ちゃんの成長・発達に影響する可能性があるので出来ません。しかし体重が増えすぎたと感じた時から増やさない努力をしましょう。

一番効果的で気軽に取り入れられるものは散歩です。働いている人や、立ち仕事が多い方はそれだけでも十分運動になります。

36週以降は赤ちゃんの体重がもう少し欲しい、帝王切開予定以外の人はどんどん動いてください。この時期はもうお腹も張って大丈夫ですよ。

貧血があるとお産の時出血が止まりにくかったりするので早めに食事で補ったり、鉄剤を処方してもらうなどして対処しましょう。

内診グリグリ
そうやって頑張っていたのですが、予定日一週間前の診察で全然赤ちゃんが降りてきてないといわれました。なので先生にお願いして内診時少し刺激をしてもらいました。

内診時の刺激とは子宮口の周辺を指で円を描くようになぞります。

予定日前日

軽い張りはたまにあっていましたが、まだまだお腹もさがっていませんでした。

なので一人目同様恒例のスクワット20×2セット!

家の中の階段昇り降りを無駄におこないました。
そして眠ろうとしていた22時頃ジワージワーとお腹が痛くなり始めました。
「きたかも~~~」と思い10分間隔になるまでベッドの中で様子をみました。

適度に負荷をかけることで重力や張りで赤ちゃんがおりてきやすくなります。

10分間隔になって初めて陣痛開始とカウントしますのでだいたいの時間を覚えておきましょう。


 

2.陣痛始まり~出産

一人でお産に挑む

定期的に痛みがきはじめたので病院に電話をし、準備を始めました。そこで気づきました。

時刻は夜中の0時。
現在家にいるのは実母と2歳の息子だけ。夫は仕事で不在。
わざわざ息子を起こすのも可哀そうでしたので、とりあえず病院まで送ってもらい息子が家にいたので泣く泣く帰ってもらいました。
入院時診察の結果子宮口1㎝、自然に破水していた。まだまだ赤ちゃん高いとのこと。

子宮口10㎝で力を入れていい状態になります。それまでは体の力をなるべく抜きます。

破水は赤ちゃんを覆っている幕が破けている状態ですので、そこから感染しないためにも清潔なナプキンをしてすぐ病院へ行きましょう。

赤ちゃんがさがって骨盤内に頭が固定されると赤ちゃんの動きも減りますが、まったく動かなくなることはありません。

ベッド上で正座
お部屋のベッドで横になっているとどうしても居心地が悪く、前回同様トイレに入ろうとしましたが助産師に破水しているからだめと止められました。しぶしぶベッド上にある机にもたれかかり正座をしました。

今回もバースプランにお産直前までお部屋で過ごしたいとあげていたので分娩室の近くの部屋にしてもらいました。

痛みがだんだんと強くなってきたのですが腰をさすってくれる母もおらず、私を含めお産待機の方が3人いらっしゃったのでなかなか助産師さんも来てくれませんでした。

もう痛くて痛くて、便がしたいかんじになったので必死にナースコールを押しました。

自分が楽な体制が一番いいのですが正座よりあぐらの方が骨盤が開き赤ちゃんが降りてきやすいです。
余裕があればスクワットや廊下を歩いてもお産が進みやすいですよ

バースプランは妊婦さんがしたいお産の計画ができますのでぜひ活用してくださいね。

お産が進んできたなと思うタイミングはわかりやすいもので妊婦さんの笑顔がなくなった時、声が漏れてきた時、便がしたくなった時などがあげられます。

分娩室での過ごし方
分娩室に歩いて移動し診察してもらうと子宮口9㎝でだいぶ赤ちゃんおりてきてるけどまだ高いと言われました。痛みは1分~1分半間隔になりパニックになりかけて呼吸が出来なくなっていました。

すると年配の看護師が「大丈夫よーゆっくり深呼吸してー吐いてー」と誘導していただきました。
ちょうど私の親世代だったのでもうすがる思いで腕をつかみ「どこにもいかないでくださーい。ここにいてー」と叫んでいました
。今振り返るとすごく恥ずかしいのですが、その時はせまりくる痛みに一人で耐えることが怖かったのだと思います。
そしてモニターの心音が下がっている音が聴こえてきました。

先生が「ちょっとお手伝いするよー」と言って吸引カップを取り出し、私がいきむタイミングで引っ張ってもらい赤ちゃん誕生!
すぐ大きな声で泣いたので安心しました。

その後おしりから腰にかけてじわーっとあたたかい感覚がありました。出血です。なかなか止まらず体もブルブルと震えはじめました

やっと止まった時には1000mlを超えていました。

後から知ったのですが、赤ちゃんは鎖骨骨折をしていました。

現在の呼吸法はソフロロジー法が主流になっています。

呼吸が上手く出来ないと赤ちゃんに酸素を送れずきつがってしまいます。

吸引分娩で生まれた赤ちゃんは頭がとんがって出てくることが多いですが数日すると元に戻りますよ。

吸引分娩のリスクとして赤ちゃんの骨折、多量出血などがまれにあります。

出血が多くなる原因としては貧血、長時間のお産、疲労、高齢出産などあります。


3.出産を終えての感想

妊娠から出産まで決して順風満帆ではなく、お産は相変わらず体が壊れるかと思うほど痛かったです。
しかし赤ちゃんが元気に泣いてくれたことで、すべてどうでもよくなりました。本当にかわいくて努力してよかったと思いました。

4.これから出産を控えるママへ

お産は一人一人、一回一回違います。
はっきりした原因は分かりませんが、赤ちゃんが鎖骨骨折していたことは私の太りすぎも関係していたと思います。

また妊娠中に貧血もあったため出血も多めでした。
なので本当に妊娠中の体づくりが大切だと感じました。
ママにしてみたら、10か月という月日はすごく長く感じるかもしれません。
我慢することも多く、つらいかもしれません。
ですが過ぎ去ってしまうと人生のたった10か月にすぎません。
その時にしっかり体作りをしてこれから生まれてくる赤ちゃんと自身の体を守ってあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました