授乳服はいる?それともいらない?実際産んでみて分かった事

産後

助産師という立場上出産準備品の説明で授乳服についても説明します。しかし当初妊娠していなかった私は内心必要ないのでは?などと思っていました。
実際1人目出産した時は買っておらず代用品でした。代用品でも授乳は全然出来ます。しかし子供3人を産み終えた今結論からいうと絶対いる!と思っています。
この記事ではその理由、利点欠点をふまえて書いています。

あわせて読みたい:出産準備品は代用出来る!助産師が教える賢く節約してお金を貯める方法

妊婦必須!胎教いつから?おすすめの方法とは?助産師が徹底解説

産後バストキープの方法を知ってキレイなバストを維持しよう!

 

授乳服はいらないと思った理由

 

そもそも1人目を妊娠した時は正直お金がありませんでした。なので授乳服というものが高級品に見えて買える選択肢もありませんでした。
その他の理由としては、授乳服は授乳が終わるともう使わなくなるのでもったいないと思ったからです。デザインにも限界があります。それなら今後も使用できる洋服を購入した方がいいと思いました。

 

授乳服に代用できるもの

 

まず私が取り入れた物です。

 

ボタン付き上着

どうせ購入するのであれば妊娠中〜授乳中、その後も使用できるようにボタン付のワンピースを購入しました。
授乳の際はボタンを4箇所ほど外して授乳が出来ました。

 

ベルメゾンの瞬間授乳チュットコット




https://www.sweet-mommy.com/SHOP/so2056.html

ベルメゾン会員登録で500円OFFをいただいたのでたまたま購入しました。しかしすごく使い勝手が良かったので、2人目の時にも購入しました。
これはオススメですね。
ペロッとめくればすぐ授乳が出来てお腹もでません。

 

大きめの上着

キャミソールだけでは肌寒いので、夫のTシャツや大きめのパーカーをキャミソールの上にきていました。でも授乳中は常に上着を持ち上げておかないといけませんでした。

 

腹巻

キャミソールがない時はブラジャー+腹巻で代用しました。ブラジャーだけだと上着を持ち上げた時にお腹が丸見えになるので。

 

ヘアゴム、ヘアピン

100均にある長いゴムを60cmほどに切って結び首からかけて上着の下に常に置いていました。使用方法は「授乳ストラップ 代用」などでググると出てきますよ。あとは髪留めに使うヘアピンで上着をとめたりしていました。

 

授乳服はいると思った理由

 

一つ目の理由は、1人目の出産は夏だった為特に代用品で不自由ありませんでしたが、冬になると夜中起きて授乳するのが苦痛になってきました。
毎回上着を持ち上げてあげないといけないからです。キャミソールや腹巻はしていたのですが、やはり寒いです。

二つ目の理由は外出時です。授乳しやすいようにボタン付の上着やキャミソールに上着で外出するのですが、人目があるために隠しながら授乳していると赤ちゃんも嫌がり暴れます。一応ケープをつけているのですが、赤ちゃんはいつもと違う風景だからかケープも嫌がります。なのでおっぱいポロリなんて事も何度もありました。毎回授乳室があるところばかりではないので、最低一枚は必要だと感じだことが理由です。

 

授乳服一枚にしても利点欠点がありますので、まとめてみました。

 

利点

・外出時に最適
・冬の夜中の授乳も寒くない
・洗い物が少なくて済む
・赤ちゃんもママもスムーズに授乳ができる
・最初は1日8回以上ある授乳も苦にならない
・作業が楽
・十分元は取れる。2人目、3人目を考えているなら尚更

 

欠点

・授乳服を買わないといけないのでお金がかかる
・授乳が終われば着なくなる




まとめ

これはあくまで私が経験した結果感じた事です。
これから出産されるママに少しでも参考になれば幸いです。

コメント

  1. […] 授乳服はいる?それともいらない?実際産んでみて分かった事 […]

  2. […] 授乳服はいる?それともいらない?実際産んでみて分かった事 […]

タイトルとURLをコピーしました