アナ雪2の主題歌は異例の新人歌手!?日本語版を歌う中元みずきのプロフィールとは?

芸能

今大ヒット公開中のディズニー映画『アナと雪の女王2』で日本版エンドソング「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」を歌う新人アーティスト中元みずきさん。
メジャーデビュー前の新人歌手が担当することは、ディズニー上初の異例です。
今回はそんな中元みずきさんについて調べてみました。

中元みずきのプロフィールや経歴

中元みずきさんのプロフィール


名前:中元みずき(なかもと みずき)
生年月日:2000年4月28日(19歳)
出身地:広島県広島市

実姉はダンスボーカルグループJELLY’sのSAKURA

中元みずきさんの経歴

中元みずきさんは5〜12歳まで広島のアクターズスクールに通っていました。
アクターズスクール広島はPerfumeや乃木坂46の中元日芽香さんなど、多くのアーティストを世に出していますね。
12歳の時に、岡山県のカラオケ大会で優勝し、その後にアーティスト育成スクール EXILE PROFESSIONAL GYM「EXPG STUDIO BY LDH」にスカウトされ、EXPG大阪校へ特待生で入学されました。

EXPG STUDIO BY LDHとは
エグザイルプロフェッショナルジム。国内に12校あるプロを目指す子供が学ぶダンススクール。限られた学校だけダンス以外にもヴォーカルや演技などについて学べる。創設者はEXILEで、「子どもに夢を叶える場所を提供したい」という思いから創設。

15歳ではE-girlsの妹分ユニットのBunniesで活動をしていましたが、自分が望む道ではないと気付き一年後に卒業し、ソロ歌手を目指しました。

その後歌の練習に時間を費やすために通信制の高校で勉強をしながら、ボイストレーニングスクールに通っていました。

17歳には「THEカラオケ☆バトルSP 四天王超えの申請誕生!U-18歌うま 甲子園」にも出場されています。

中元みずきがディズニー映画の主題歌に抜擢された理由とは?

大役の為事務所の力ではないか?
何か裏があるのではないか?
などネット上では噂になっていますが、調べてみたところ中元みずきさんの実力のようです。

中元みずきさんは、ユニバーサルミュージック主催の最終審査に残り、ディズニーUS本社による『アナと雪の女王2』エンドソングオーディションに合格し
たのです。

つまり、自力でオーディションを勝ち抜いたからということになります。
16歳の時に「世界に通用する歌手になりたい」と語っていた夢を、見事に叶えていますね。

ディズニージャパンのプロデューサーの木村亮さんは、オーデションで中元みずきさんの歌声を聞いたときのことをこう語っています

パワフルさと情熱的なエネルギーを感じた。
背中を一歩押してもらえる力を持っている。

「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」の曲の解釈ではこう書かれていました。

彼女(エルサ)だけにしか聞こえない“不思議な歌声”をきっかけに、前作で“ありのまま”の自分を受け入れたエルサが、再び自身の“力”と向き合い、迷いを感じながらもまだ見ぬ“未知なる世界へ”と踏み出そうとする彼女の想いが溢れた曲。
エルサが自身の力の謎を解き明かすキッカケとなるこの曲は、“物語のはじまり”を告げる重要なシーンに用いられている。
(引用元:クランクイン)
中元みずきさんの力強い歌声やあどけなさがとても映画のキャラクターとマッチしていますね。


まとめ

小さい頃から歌手を目指し、自分が目標としていた世界に通用する歌手になれるとは本当にすごいですね。映画が大ヒット中のため、まだまだこれから彼女の歌声を聴く機会も多いはず。
今後の活躍に期待したいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました